アメリカ・黒人種経営店専門のフードデリバリー【Black and Mobile】

目次

アメリカ・黒人種経営店専門のフードデリバリー【Black and Mobile

自宅でのリモートワークなどお家時間が増えたことで、フードデリバリーの需要が高まっている現在。

そんな中、ペンシルヴェニア州フィラデルフィアを拠点に、黒人種経営店を専門とした初のフードデリバリーBlack and Mobile』(Black and Mobile: The Culture Delivered – Black & Mobile)が話題になっています。

※こちらでは、南米出身・アメリカ出身者などのクレイムを考え、アフリカ系アメリカ人とせずに敢えて黒人種と表記します。

David Cabello氏を代表とするBlack and Mobileは、2019年の2月、ブラックヒストリーマンス中にサービスが開始されました。

Our Story – Black & Mobile (blackandmobile.com)

始めてすぐはなかなか大変な走り出しだったようですが、その後ビジネスは一気に好転、現在に至っています。

今回は、そんなBlack and Mobileについてご紹介します。

ジョージ・フロイド事件からUberEats等が黒人種経営の配送手数料無料に

パンデミックにより、アメリカでは多くの飲食店がダメージを受けました。

中でも黒人種経営店・企業の倒産数は、白人種経営店・企業の倍以上だとか。

そして、2020年5月ジョージ・フロイド事件Murder of George Floyd – Wikipedia)をきっかけに、UberEatsやDoorDashなどフードデリバリー会社は、提携している黒人種経営店の配送手数料を2020年は無料にすると発表しました。

フードデリバリー会社によれば、このシステムを導入後から、黒人種経営店のオーダーが急激な増加傾向にあったとのこと。

ですが一部の人たちから、かえって「差別的である」との批判を受け、ネガティヴな報道がされてもいました。

アメリカは、寄付やボランティアなどで弱者をサポートする傾向が強くあるもの。

とはいえ、実際のデータに基づいていようと、人種的なサポートについては難色を示す人が多くいる気がします。

ちなみに私も昨年、この件でソーシャルミディアをチェックしていました。

「平等を基本にすべき」、「人種ではなく、Good Peopleへのサポートを」といった声も多く、広がるバトルに改めて考えさせられました。

Black and Mobile』の取り組みとコミュニティへのサポート

Black and Mobileの経営者であるCabello氏は、大学を中退後にフードデリバリーの仕事に就いたそうです。

その時に、提携している黒人種経営店が少ないと感じたことから、黒人種経営店を専門に提携するデリバリー会社を思いついたとか。

そのため、Cabello氏は双子のきょうだいと共に足とネットワークで黒人種の経営店を探し、ビジネスのベースを築き上げました。

2020年は特に、パンデミックにより政府が店内での食事を自粛させたことから、Black and Mobileに助けを求める、配達準備ができていないお店が増えました。

業績は伸び、2020年は最初の2ヶ月以内で前年の売上以上となり、2021年現在は、年末までに記録更新となるようです。

また、Black and MobileがUberEatsなど他のブランドよりもリーズナブルな提携・提供がベースにあり、店舗や消費者の経済的な助けにもなっているとのこと。

さらに、業績だけではなく、失業者が多い地域にて仕事・収入の提供を行うなど、コミュニティのサポートも重視しています。

提携店によれば、質問などに対してもCabello氏が直接対応してくれるといった、他ブランドとは違う手厚さも高く評価しているようです。

将来的には、ロサンジェルスやヒューストン、ワシントンDCやNYCなどへの事業拡大もプランにあるそうですから、期待したいですね。

Black and Mobileが提供するオリジナル性とは?

Black and Mobileは手数料を20%とする他、アプリでのオーダー方法に、レストランリストからではなく、カルチャー別としてのオリジナル性を持たせています。

ハラールやアメリカン、ピッツァ、ソウルフード、ジャマイカンなど、カルチャー別のメニューオプションを掲げているのです。

食べたいものが決まっている人には、スピーディなオーダーが可能といえますね。

2021年12月現在で、Black and Mobileのサイトには、「新しいオーダーサイト/ウェブサイトを予定中」となっているので、ますますオーダーがしやすくなる、カルチャーが増えるのではないでしょうか。

地域にお住まいの方たちには楽しみですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

two + 4 =

目次