アメリカの2月【ブラック・ヒストリー・マンス】に感じること

目次

アメリカの2月【ブラック・ヒストリー・マンス】に感じること

アメリカやカナダ、イギリスでの年間行事となっている、『ブラック・ヒストリー・マンス』(黒人歴史月間)。

今回はそんなブラック・ヒストリー・マンスについて、私が感じることも含めまとめてみました。

※Blackをそのまま黒人種で表記しています。

アメリカ等による『Black History Month』(黒人歴史月間)とは?

イギリスでは10月に制定されているそうですが、アメリカのBlack History Monthは2月となっています。

2月である理由には、歴史家であり『※ASALH(Association for the Study of American Life and History)』(アメリカの生活と歴史の研究会)の創設者である『Carter G. Woodson』とASALHが、

「2月の第2週を『Negro History Week』に」

1926年に発表したことにあります。

そして、2月の第2週が選ばれた理由には、

▶奴隷解放者かつアメリカで最も親しまれている大統領のAbraham Lincolnの誕生日…2月12日

▶元奴隷で奴隷制度廃止の活動家として有名なFrederick Douglassの誕生日…2月14日

という重なりがあったからとか。

この黒人歴史週間が、市民権運動や黒人種としての意識が強まってきたことで、1960年代後半に『黒人歴史月間』へと発展していきます。

そして1976年、フォード大統領が2月をBlack History Monthとする認知を公表しました。

ASALH…1915年10月に設立された非営利の生活研究会ですが、当時の名前は、『ASNLH(Association for the Study of Negro Life and History)』でした。

その後1973年にNegroを「アフリカ系アメリカ人」とし、ASALHに改名されました。

●Black History Monthの歴史…Black History Month 2022: Facts, Origins & More | HISTORY – HISTORY

●アメリカでの黒人種の歴史…Events Archives • (blackpast.org)

●Dr. Carter G. Woodsonについて…The Man Behind Black History Month – HISTORY

Black Lives Matter

アフロラテン系アメリカ人も黒人種であり黒人歴史月間を祝うべき?

ブラック・ヒストリー・マンスといえば、奴隷制度でアメリカへと送られてきたアフリカ系アメリカ人がターゲットにされることが多々。

ですが、アフロ-ラテン系アメリカ人もルーツは同じであり、奴隷貿易で長い道のりを生き延びたアフリカ人の多くは、カリビアンとラテンアメリカに到着したとか。

●アメリカ国籍のアフリカ系アメリカ人…African-American

●南米国籍のアフリカ系南米人…Afro-Latinx(ラティネクス…ラティーノ&ラティーナでジェンダーレスの言い方)

ともに祖先が同じということで、黒人歴史月間を祝うべきとされていますね。

Why Latinos Should Also Celebrate Black History Month – Dominicanos USA

ちなみに、毎年9月15日~10月15日は、Hispanic Heritage Month(ヒスパニック系の歴史月間)となっています。

この期間もAfro-Latinxの存在を忘れてはいけないとされています。

Don’t Forget Afro-Latinos During Hispanic Heritage Month (citizen.education)

各地・学校等によるブラック・ヒストリー・マンスのイベントが満載

2月はやはり、学校はもちろんのこと各地域の図書館やコミュニティセンター、シアターなどで、ブラック・ヒストリー・マンスに関連したイベントが多く行われています。

特に、スミソニアン博物館/美術館などで有名な、ワシントンDCのSmithsonian Institutionでは、毎年多種多様なイベントを行っています。

以下、2022年2月のイベント・スケジュール詳細が発表されています。

内容盛りだくさんで、この詳細を読むだけでも価値あり。

Heritage and History Month Events | Smithsonian Institution (si.edu)

そして、やはり今はZoomなどを使ったヴァーチャル系のイベントが多めですね。

上記でご紹介したASALHのサイトでも、Virtual Festivalとして、イベント・スケジュールが掲載されています。

ちなみに、我が家から少し離れた地域のシアターでは、毎年この時期にアフリカ系アメリカ人の偉人をテーマにした舞台が行われています。

また、小学校~大学でも、黒人種の芸術や歴史、オバマ元大統領について学ぶなど、様々なアクティヴィティが行われますね。

中でも、教師がクラスルームのドアをBlack History Month仕様に飾り付けることは有名です。

●黒人種の歴史に関連したクラスルーム・ドアの25例…25 Inspirational Classroom Doors Celebrating Black History (boredteachers.com)

人種差別撲滅に向けて子供たちの教育に大切な歴史月間であること

多人種の地域在住者や地位が高い人などで、「人種差別を感じない」と発言することがあります。

もちろん、俳優で元アメフト選手のテリー・クルーズのように、黒人歴史月間がいかに必要であるかと的確に発言している人もいます。

●テリー・クルーズの動画…Terry Crews explains why Black History Month is so important – YouTube

一方で、同じく俳優のモーガン・フリーマンが、過去に「黒人歴史月間を必要としない」といった発言をしたことも。

彼としては、同じアメリカ人であり特別扱いをするのは違う、ということで、もちろん当然のことですね。

ですが、特に地域・階級により、人種差別を根強く感じることは事実。

このような歴史月間をきっかけに、多くの人が他人種について学ぶことも大切ではと感じます。

以下のCNNによる記事では、

●白人種の親も黒人種の歴史について尊重し学ぶ/教える時…How to celebrate Black history and achievements – CNN

として、子供をターゲットにした教育方法を紹介しています。

奴隷制度の過去を考えタイトルが決定されたと思いますが、白人種の親だけに限りませんね。

興味がおありの方は、ぜひご覧下さい。

個人的には、中でも『Embrace the ‘both/and’ (双方/共存の受け入れ)』という箇所がとても重要に感じます。

黒人種の歴史をアメリカの歴史と分けて考えるのではないということ。

黒人種に対する差別が、黒人種とその歴史についての教育が不十分であることも1つであり、黒人種の歴史もアメリカの歴史として学ぶことが必要とされています。

また、子供番組をメインとしたテレビ局の『nick TV』では、子供たちのヘルシーな将来・コミュニティのさらなる改善などを目的としたnick HELPSサイトを立ち上げています。

そのTVCMでは、子供たちが現在の混沌とした世の中が「公平で安全、互いに親切でポジティヴとなるように」といった内容を語っています。

最近よく、このTVCMをいくつかのヴァージョンで拝見します。

とても素晴らしいCMなので、ぜひご覧下さい。

●1種のCM動画…Kids Vision | nickhelps.com (Nickelodeon U.S.) – YouTube

●nickTVのNickelodeonでの移民などについての動画…Nick News: Kids, Immigration and Equality 🌎 | Full Special – YouTube

DEIDiversity, Equity, and Inclusion)』の重視をベースに!

黒人種の歴史と人種差別は繋がりが深いもの。

もちろん、パンデミックでさらに強まってしまったアジア人種への差別も忘れてはいません…こちらでは黒人歴史月間にフォーカスしていますが。

そして、1人でも多くの人が『DEI(Diversity, Equity, and Inclusion)』(多様性、公平性、包括性)を重視する世の中になるようにと願いたいです。

正直言って、私自身も差別を感じると同様にジャッジしがちなので、改めていきたいところ…。

個性は皆それぞれですから、1人の行動・言動で人種を否定するなどは絶対にあってはならないですね。

●DEIの日本語解説…DE&I(ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン)とは・何か | Sustainable Japan

ナイキによるブラック・ヒストリー・マンス商品『BHMコレクション』

ブラック・ヒストリー・マンスといえば、ナイキの『BHMコレクション』も日本で有名なようですね。

アメリカNIKEのBHMコレクションは、2005年に最初の限定商品としてAir Force 1を発売以来、毎年BHMコレクションの新製品を発表しています。

今後のBHMコレクションのディザインも楽しみですね。

余談ですが、NIKEのサイトでは、NIKE Athletesの紹介ページもおすすめです。

●NIKE BHM 2019…Amazon.com | Nike Mens Air Force 1 Utility BHM BV7783 001 BHM 2019 – Size 10.5 | Shoes

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

15 − eight =

目次