アメリカでクリスマスカードはいつまでに送る?メッセージの書き方とは?

目次

アメリカでクリスマスカードはいつまでに送る?メッセージの書き方とは?

12月に入ると、アメリカではクリスマスカードを送り合うことが一般的。

そして受け取ったカードは、カードホルダーやツリーなどに飾り、そのまま年末年始まで楽しむ人もいます。

ただし最近では、カードを送らずにLINEやテキストなどコミュニケーションツールで済ます人も少なくないとか。

私は前者、クリスマスカードを楽しみにしている1人です。

Amazon.com: Red Co. Old Gold Metal Wreath – Wall Mount Christmas Card Holder – 17″ Dia : Home & Kitchen

アメリカでクリスマスカードはいつまでに送る?

アメリカ国内の郵便は、届くまでに通常3~7日かかるとされていますが、やはりホリデイシーズンでは2週間ほどの余裕が必要です。

12月25日までに届くよう、早めに出すことがおすすめ。

一般的には、Thanksgivingが終わった後に投函します。

日本からアメリカに送る場合は、郵便局のサイトで、届ける目安日数が確認できるようですから、ぜひ事前にチェックを。

はじめてガイド|海外グリーティングカード|国際郵便 – 日本郵便 (japanpost.jp)

クリスマスカードを海外に送るのに気をつけたい文例とは?

アメリカの12月といえば、クリスマスだけではありません。

ユダヤ教の祝日である“Hanukkah”やアフリカ系アメリカ人のお祭りである“Kwanzaa”なども有名です。

当然、全ての人がクリスチャンというわけではありませんから、カードを送る相手の宗教も考え、カードを選びたいですね。

クリスチャンかどうかわからない場合は、“Merry Christmas”や“Christmas Greetings”、聖書の言葉などが書かれたカードは、避けたほうがいいでしょう。

“Happy Holidays”や”Season’s Greetings”などと書かれた、クリスマス要素が入っていないカードを選ぶことがおすすめです。

知り合いのアメリカ人には、「自分がクリスチャンだから、クリスマスカードを送る」と徹底している人もいますが、私は相手の宗教を考えたいほうです。

できる限り無難なカードを選び、“Happy Holidays!”や“Warmest Wishes!”などのメッセージ、名前を書いて送ります。

愛情を込めて、名前の前に“Much love”と入れるのもいいですね。

実は敬遠されがち?クリスマスレター入りのクリスマスカード

クリスマスカードには、クリスマスレターを入れる人たちも多くいます。

家族1人1人の近況を書くことが一般的ですが、韻を踏んだ詩的なレターが多く、読書好きの私には最高のレターなのですよね。

ですが、「内容が現実よりもポジティヴ過ぎる」などとお笑い番組でもよくネタにされているように、好まない人も多いとか(笑)。

遠くの州に住む親戚などの近況を知れる、お洒落なレターだと私は思うのですが。

クリスマスカードはおしゃれでかわいい手作りもおすすめ

アメリカでは、クリスマスカードの作家も多くいます。

日本でもいらっしゃいますよね、きっと。

私は、珍しい一点物のハンドメイドカードでお気に入りが見つかれば買ってしまうのですが、出さずにフレイムに入れ飾っています。

同じく、ハンドメイド好きの人にお送りしたら、喜ばれますよね。

また、自分で手作りするのもいいでしょう。

お送りする相手によっては、この世に一点だけの手作りクリスマスカードもおすすめです。

クリスマス後のセールで来年用のクリスマスカードを購入!

今では、家族の写真をカードにする人が多くいます。

ですが我が家は毎年、リーズナブルに(笑)ベイシックなカードを選択。

メーカーやアーティスティックなカードなどクオリティによっては、クリスマスカードも結構な値段になるものです。

なので、クリスマス後のセールでカードを購入することも多々。

ちょっとしたおすすめの節約法ですね(笑)。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

16 + 13 =

目次