1つで万能!アメリカで人気の【インスタントポット】が日本上陸

目次

1つで万能!アメリカで人気の【インスタントポット】が日本上陸

私が住んでいるアメリカでは、インスタントポットが大流行しています。

2019年には、日本上陸も果たしたそうですね。

日本での評判をネット検索してみましたが、なかなかポジティヴっぽいようです。

そんなインスタントポットは、炊飯や蒸し器など、多くの機能を1つにした、万能電気圧力鍋です。

予約調理も可能とし、炒めてから煮込んだり、調理後は自動保温になるなどの特徴から、1台でワンディッシュディナーを可能に。

我が家も5年くらい前かな、購入してから、愛用しています。

私のインスタントポットはアメリカ版ですが、日本版との違いは、

●日本語か英語の表記

●電圧

●値段(日本は比較的高価)

くらいでしょう。

機能的にはそれほど違いはありません。

キッチンによっては、場所を取るかもしれませんが、便利なことは確かです。

日本では、楽天やAmazon、コストコなどで販売されているようです。

インスタントポットはカレーや煮物など可能なレシピ満載

日本では、インスタントポットのレシピ本は、出版されていないかもしれません。

アメリカには多くのレシピ本があり、まさに様々なレシピが満載です。

ちなみに、私のご近所さんで、インスタントポットを3台持っている人がいます。

彼女は夏の間に、新鮮な果物や野菜を使って、ジャムやソースなどを

インスタントポットで大量に作り、冬用に瓶詰めにしているそうです。

当然、インスタントポットのレシピ本も何冊も持っていて、私は一時期貸してもらったりしました。

今は動画などでレシピを紹介している日本人もいますから、検索してみるのもいいですよね。

インスタントポットで炊飯!圧力で炊き上げる美味しさ

私は炊飯器も持っているので、おかずをインスタントポットで作る場合は、炊飯器でご飯を炊きます。

ですが、急がない時はストウブで炊飯、急いでいる時はインスタントポットで炊飯することもあります。

正直なところ、こちらで買うお米は、日本で食べるよりもクオリティは低めだと感じます。

ただし、そんなお米でも、インスタントポットの圧力で炊飯すると、もちもちと美味しいご飯ができるのです。

圧力により、高温調理となりますから、でんぷん質がα化促進され、スピーディに美味しいご飯ができるそうです。

そして炊き方ですが、インスタントポットの場合、水量は白米の約1.3倍がいいでしょう。

玄米の場合は、炊飯前に1時間ほど水につけておくことがおすすめです。セットから20分ほどでできますよ。

インスタントポットなら寒い日のパン発酵もおまかせ!

私はパン作りも大好きなのですが、こちらの冬は寒い上に、我が家はとても古い家で隙間風が多いという難点が(涙)。

発酵がなかなか難しく、お湯を使ってもすぐ冷めるし、オーヴンには発酵機能がありません。

ですが、インスタントポット購入後の冬は、ヨーグルトメーカー機能を利用して、パンの発酵をすることが増えました。

乾燥を避けるために、ぬるま湯を少し入れ、パン生地にはオイルを塗るか霧吹きをして、40~60分くらいでセットをしています。

我が家のように隙間風が多くて、冬は寒すぎるお家にお住まいなら、なかなかおすすめの発酵方法ですよ。

とても万能なインスタントポット、興味がある方は、是非チェックしてみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

seventeen + fourteen =

目次