アメリカの【ハロウィン】はいつ?何するの?過ごし方等について

目次

アメリカの【ハロウィン】はいつ?何するの?過ごし方等について

「死者が蘇りいたずらをする」、という言い伝えと、カソリック教における10月31日の「万聖節前夜祭」がMIXして誕生したといわれる『ハロウィン』。

子供や大人も楽しめる、アメリカでの大きなイベントの1つです。

ハロウィンの飾り付け、かぼちゃ選び、仮装を決めたりお菓子を準備したり、大人だけの仮装パーティがあったり、まさに楽しみ方は様々。

加えて、収穫後のとうもろこし畑を利用、メイズ(迷路)を作り、秋のイベントとして楽しませてくれる農場もあります。

お化け屋敷も各地で設置されますね。

アメリカの秋はハロウィンを中心に、各地域で楽しいイベントが満載なのです。

アメリカのハロウィンで定番の飾り付けは「かぼちゃ」が基本

スーパーにも飾り用のかぼちゃが並びますがかぼちゃのピッキングをさせてくれる農場も多くあります。

選んだかぼちゃは、そのまま飾ったり、中身をくり抜いて内側に明かりを灯す「ジャック・オー・ランタン」を作って玄関などに飾ったりします。

#jackolantern hashtag on Instagram • Photos and Videos

もちろん、布や木などで手作りした、ジャック・オー・ランタンもありますね。

ほかに飾り付けでは、魔女やゴースト、怖いパンプキンヘッド、カラスなどもとても人気です。

ハロウィンカラーは、死を意味する黒と、収穫を意味するオレンジがベースですね。

アメリカのハロウィンは独特なお菓子や食べ物もあり

グロさを強調した、ハロウィン独特のお菓子や食べ物も多くあります。

目玉のトリュフチョコや指型のクッキーなど、なかなか気持ち悪いものです(笑)。

もちろん、かぼちゃスープやグラタンなど、かぼちゃを使った一般的な料理も、食されています。

アメリカはハロウィン仮装でトリック・オア・トリートが楽しい!

そしてハロウィンといえばやはり、「お菓子をくれるかいたずらをされるか」という意味の、「トリック・オア・トリート」ですね。

仮装した子どもたちが、近所の家々へ“Trick or Treat!”と訪ねます。

その際、各地域により違いますが、我が家の地域では、以下のようなルールが決められています。

●トリック・オア・トリートに参加する家は、門灯を点けておくこと(点いていない場合、その家は素通りされます)

●ティーンエイジャー(13歳以上)は、参加しないこと

●保護者の付き添いが必ずあること

●手作りや個別未包装のお菓子は禁止

●お菓子をもらう度に保護者がチェックすること

アメリカのハロウィンで忘れられない事件

過去には、ハロウィン時に、日本人留学生が射殺された、悲しい事件がありました。

二度とあってはならない事件です。

ですが我が家も、この5年ほどは、トリック・オア・トリートに参加していません。

我が家は比較的安全な地域ですが、我が家を含め知り合いの子どもたちが大きくなったことに加え、少し怖い思いをしたことがきっかけです。

最後のトリック・オア・トリートで、覆面をかぶり全身黒ずくめで現れた長身の男性がいたことです。

長身の夫と背丈が変わらず、保護者もいない、明らかに高校生以上でとにかく怖かったのです。

夫がいたのですが、お菓子を渡した後、すぐに警察へ連絡しました。

警察では既に何件かの通報があり、確認中ということでしたが、仮装を変えているのではということでした。

毒入りのお菓子が配られたことがきっかけとなり、トリック・オア・トリートをしない地域もあります。

楽しいイベントであっても、やはり犯罪大国のアメリカ。

注意は必要ですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

two + sixteen =

目次