海外生活でアンティークを楽しむ!通販や蚤の市で雑貨探し

目次

海外生活でアンティークを楽しむ!通販や蚤の市で雑貨探し

私は旅行などで、居住地域以外の地域や他国を訪ねると、アンティークを楽しむようにしています。

そして現在、私と家族は、夫の故郷であるアメリカに住んでおり、まさにアンティークが人気の国。

アンティークを楽しまない理由がない、というところです(笑)。

ですが、日本にいた頃の私は、アンティークに興味がありませんでした。

子供の頃、祖父母や曽祖父母の家によく行っていたため、もしかしたら、その当時の家具などがアンティークの今、私には既に馴染み深かったからかもしれません。

海外のアンティークは、やはり日本のものとは違っているので、つい惹かれてしまいます。

そして、歴史の勉強になることもありますよね。

フランス等ヨーロッパのアンティーク家具・雑貨でインテリア

夫の友人の中には、アンティークをビジネスにしている人がいます。

彼ら夫妻のご自宅は、築100年以上という古民家であり、インテリアもアンティークで整えられています。

しかも、家具や雑貨のほとんどがフランスといったヨーロッパのアンティークのものばかり。

さすがアンティークディーラー、仕入れの度に、手放したくないものは、こうして家に飾るのだそうです。

ただし、お手入れはなかなか大変とのこと。

何しろ、アンティークですから、どれも同じ掃除の仕方でOKとはいかないのです。

拭き掃除に使う布によっても、繊維が硬ければ傷つけることもある。

逆に、掃除によって古さを損ない、新品のようにしてもいけないために、それぞれに慎重なお手入れが必要になるのです。

それだけ彼らに愛され施されたアンティークベースのインテリアは、自宅ではなく素敵な博物館のようです。

DIYのために可愛いアンティーク雑貨探し

そんな友人宅に魅せられて以来、私たちもアンティーク家具などを集めてみたいと思っていますが…

やはり経済的に絶対無理(笑)。

ですが私は、自身でDIYもするため、その材料として可愛いアンティーク雑貨を探すことも好きなのですよね。

高貴なアンティーク家具には全く及びませんが、小さなインテリアとしてDIYすることを、気に入っているのです。

アンティーク探しでは、こちらだとネットオークションも今は大人気。

私たちもよく利用しますが、蚤の市(フリーマーケット)やアンティークフェアなどに出かけることも多くあります。

精算前に、実際に手に取りチェックすることも、アンティーク探しの醍醐味といえます。

海外ではアンティークアクセサリーが多い?

アメリカを含め、他国でもアンティークを探し求めていると、アクセサリーが多いように感じます。

英語でアクセサリーとは、ジュエリーはもちろんのこと、バッグやベルトバックルなど装飾小物全般を指しています。

特にアメリカは、移民の国ということもあり、世界各国のアンティークアクセサリーが集まっているのですよね。

時に、大昔流行っていたブランド名が、アクセサリーに刻印されていたりして、「掘り出し物」が見つかることもあります。

当然、購入できるかどうかは、その時の所持金によりますが(笑)。

購入できないとなっても、そのブランドをネットで検索し、その時代・歴史を知ることも、貴重なひとときです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

eleven − nine =

目次